在宅介護するかしないかの判断材料になりそうな書籍

在宅介護を決断する前に絶対読んだ方が良い書籍

在宅で介護するのか、しないのか、など、介護に関する様々な決断の判断材料になりそうな書籍をご紹介します。
介護を終えた達成感や充実感など、好きで介護している人の個人的な感想や、メリットだけを強調した介護本やウェブサイトの情報を鵜呑みしてしまうと大変なことになってしまいます。
裏に隠れた過酷な現実とデメリット、残された家族を優先して考える親との距離感など、面倒で蓋をしてしまいたい真実としっかり向き合わなければ、最悪の場合、介護が原因で全てを失うことになるかもしれません。
安易な気持ちで呼び寄せ介護や在宅介護を決断してしまう前に、こちらでご紹介している本を全て完読することをおすすめします。

高齢者を待つ現実

社会保障制度の崩壊が囁かれる今、介護される側(高齢者)を待つのは恐ろしい現実。
呼び寄せ介護などで直接介護に関われば、介護する側も巻き添えを食らうことになりかねません。

在宅介護できないことを親に伝える

親の介護を引き受けるつもりがないことを親に伝える準備をするならこちらの書籍がおすすめです。

介護が嫌なのは親が毒親だからなのかもしれません

毒になる親とは、子供の人生を支配する親、子供の人生に有害な影響を与える親のことです。
親の介護が嫌なのは、自分の親が毒親だったからかもしれません。

親を捨てることについて考える

無慈悲と非難されても、家族を守るため、自分を守るためには、親を捨てなければいけない時があるのです。
昔では考えられないような言動であっても、これからを生き抜く若い世代にとっては覚悟しなければいけない現実なのかもしれません。

在宅介護が苦痛な高齢者

在宅介護は介護する側だけが辛いと思われがちですが、実は介護される側にも苦痛を感じる人が沢山います。
そんな高齢者に向けて老後の暮らしを提案している書籍をご紹介します。

実家の始末について考える

親の持ち家の処分や遺品整理、相続問題など、親が死んでからも残された家族には問題が山積み。磯野家の長男・カツオに学ぶ、もめない、後悔しない「実家の片づけ」 をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする