葬式代などの急な葬儀費用を親(故人)の金融口座から引き出すには!?

親の口座

葬儀代を親の遺産で賄いたい

「預貯金があまりない」「葬式費用を捻出できない」親に多少の貯金があるから、そこから出したい。
親の遺産が口座に残っている場合には、葬儀代をそこから出したいと思うのは当然のこと。
親の遺産が残っているなら、わざわざ自己負担する必要はありません。

故人の口座はいつ凍結されてしまうの?

死亡届けを出す前に金融機関が勝手に故人の口座を凍結する事は、まずありえません。
役所に死亡届けを出しても、金融機関へは情報がいきません。
金融機関が顧客が亡くなった事を知るのは、親族の届出があってからなので、その前に銀行口座を止められる事はありません。

親の口座から引き出す前に

死亡届けを出す前であれば、水道光熱費や保険料の引き落としがあったりするので、葬儀費用を引き出す事は可能ですが、特に兄弟姉妹がいる場合や法定相続人が複数いる場合は、トラブルを防ぐために事前に親の口座から葬儀費用の支払いをする旨を伝えて了承をもらっておきましょう。

法定相続人の了承なしに引き出してしまうと、持ち逃げの疑いを掛けられてしまうので、注意が必要です。

一部の親族が遺産を持ち逃げする可能性もあるので、葬儀費用相当を引き出した後には、金融機関への死亡届けは早く出した方がいいでしょう。

金融機関から口座凍結されてしまった場合

葬儀費用を引き出す前に死亡届けを出してしまって、金融機関に親の口座を凍結されてしまっても、一時的に「払い出し」をする事は可能です。
払い出し理由を明確に金融機関職員に伝えましょう。
その際、金融機関から必要書類をが求められる場合がありますので、事前に電話などで問い合わせをしておくと、窓口での引き出しがスムーズです。

払い出し書類例

  • 親(故人)の除籍謄本もしくは戸籍謄本
  • 法定相続人全員分の戸籍謄本
  • 法定相続人全員分の印鑑証明
  • 払い出しをする人の身分証明書
  • 親(故人)の実印、届出印、通帳、キャッシュカードなど

弁護士による代理払い出し

払い出し手続きは、思っているよりも手間が掛かる作業です。
遺産相続の手続きを弁護士に依頼している場合は、代理手続きが可能です。
払い出しが必要になった場合も必要書類の手続きを代行してもらえるので、担当弁護士にお願いすると安心です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク