子供にも親にも何もしてこなかったくせに頼ってくる毒母

毒親




毒母の脳みそは都合よく出来ている

毒親は、自分が一番可愛いく、子供が自分よりも幸せにならないように足を引っ張る生き物です。
自分は、子供に対しても親に対しても最低限の事だけで大したことは、してこなかったくせに、自分の事になるといきなり手のひらを返し、色々な事を求めてきます。
物事に対して、自分の都合のいいように解釈してしまうのも厄介です。

精一杯やってきたと思い込んでいる

最低限の事しかやってきていないのに、毒親は精一杯尽くしてきたと思っています。
自分の要求に対して、いい返事が貰えそうにないと察すると、「散々世話してやったのに」「自分の人生犠牲にしてここまでしたのに」具体性も根拠も全くない言葉を繰り返しぶつけて説得をしようと試みようとしてきます。
誰に対して何もしてきていないので、このような抽象的な表現しか出来ないのにも関わらず、これを言えば何とかなると思っています。

毒母のせいで残った心の傷跡

あくまで自分は悪くない

毒親が厄介なのは、自分に落ち度は全くないと思っている事。
毒親は「尽くしてきた」と思い込んでいますが、それは毒親の価値観で客観的に見れば、虐待やネグレクトと言われてもおかしくない行為。

周りに気が付いてもらえない

毒親の理不尽な激怒や八つ当たり、毒親のその日の気分によって機嫌が上下する事に子供ながらに不信感を持った人も多いのではないでしょうか?

子供が自分の親がおかしいと気が付いて、周りの大人に訴えたところで、「それは躾だから」「何か悪い事でもしたんでしょう」と親が叱りつけるには理由があるからと相手にしてもらえず、毒親である事に気が付いてもらえません。

目に見える虐待と違って、躾と虐待の曖昧な範囲内で、じわじわと子供の心にダメージを与えて支配していくのです。

毒親が人前では普通の親に見える様にしているのは、毒親にとっては電話を取った時に声色が変わる程度にしか思っておらず、家庭で自分がしている事は普通の躾で、自分が子供を苦しめているとは全く思っていないのも厄介な要因の一つです。

自分の人生が生きにくく

子供にとって母親の存在は大きいです。
親になるのに資格はありませんが、親に向いていない親が毒親になってしまうのです。
特に毒母の対応によって子供が大人になっても抱えなければならない心の傷を背負って生きていかなければならなくなってしまいます。
自分の親が毒母であったがゆえに、本来であれば必要なかった治療をうけ、回復を目指さなくてはならないのです。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレン(以下AC)とは、機能不全家族で育ってしまったがために、大人になっても心に何らかの問題を抱えた状態の事を指します。
精神疾患と判断されず、あくまで状態を表す言葉であり、病名ではありませんが、回復するためには、カウンセリングや自己改革が必要となり、克服するには時間もかかります。

ACは病気ではないと判断されていますが、その状態が長く続いてしまうと、精神疾患など人生に多大な悪影響を及ぼします。

依存症
暴力・暴言などで愛情という名の支配をしたり、逆に相手に尽くす・見捨てられると生きていけないと相手との関係性に過剰に依存症する。
共依存、アルコール、摂食障害、薬物、セックス、買い物など
問題行動
衝動的になりやすく、突然感情が爆発する。
虐待、暴力、自傷行為、自殺など
ストレス性障害
過度のストレスから、原因不明の体調不良になる。
肩こり、脱毛症、ヒステリー、過呼吸、心身症、自律神経失調症など
精神障害
精神的に不安定になり、対人関係をうまく築けないどころか、自分の精神維持ができなくなる。
抑うつ、パニック障害、パーソナリティ障害、神経症、強迫神経症、不安神経症など。
アダルトチルドレンの連鎖
ACの状態の人に子供ができた場合、虐待された親が子供に虐待してしまうように、子供に自分がされた事と同じ事をしていまう傾向にあります。
自分の抱えている問題をそのまま子供に継がれてしまい、新たなACを生み出してしまう原因にもなってしまいます。

自分がやってこなかった事を平気で要求する毒親

自分の親の世話をしてこなかった毒親が、自分の事は棚に上げて、高齢になった事や貯金が無くなってきた事を理由に手助けや介護を求めてくるかもしれません。
今後の自分の生活が心配になったという身勝手な理由で、散々苦しめた子供に対して「苦労して育ててやったんだから」など実の親とは思えない発言で、里親が発言するような言い訳で自分の今後の世話を要求してきます。

今まで最低限の世話のみで、愛情も貰えなかった毒親の戯言など、全力で拒否しましょう。
被害者が犯人(加害者)の世話をしろと言われているようなもので、このような苦痛を味わう必要はありません。

離れても追いかけてくる

近親憎悪に加えて、毒親となると、距離を置きたくなるのは当たり前。
しかし、自分が悪いとは、これっぽっちも思っていない毒親は、突き放しても頻繁に連絡を取ってきて、今までのように干渉やコントロールしようとしてきます。
親からの精神的に与えられる不安や負担を減らし、自分のために生きる為に絶縁するのも1つの方法です。

毒母を世話する義理などない

今まで毒母にされた事を思い出せば、土下座をされたって、金をもらったって世話をする義理など一切ない事がわかります。
毒親のせいで、今まで自分の人生を思うように自由に生きられなかったのに、これからの人生も毒親にくれてやる必要なんかどこにもないのです。

一時的に離れていた期間があって、「親も丸くなった」「親も変わってくれる」などと淡い期待をしてはいけません。
毒親は根っからの毒親。
毒親の人間性が変わる事はありえません。
今まで受けてきた仕打ちを努努(ゆめゆめ)忘れてはいけません。




シェアする

フォローする